グラナド・エスパダ

グラナド・エスパダ
『グラナド・エスパダ』は、MMORPG「ラグナロク・オンライン」の開発者であるキム・ハッキュ(韓国・IMCゲームズ社)のプロデュースによる最新作です。

新大陸開拓時代を背景とした世界観のもと、プレイヤーが開拓民となって仲間と共に様々な困難に立ち向かっていく壮大なストーリーとなっています。
複数のキャラクターを同時に動かし、成長させることのできる「MCC(マルチ・キャラクター・コントロール)」をはじめ、プレイヤーの姿勢に応じ、攻守様々なスキル(技)を使いこなせる「スタンス」など、既存のゲームにはない新機軸・新要素を取り入れたオンラインゲームです。
キャラクターデザインには「ロマンシング サ・ガ」シリーズ(スクウェア・エニックス)などを手がけ、繊細で流麗なタッチが人気の小林智美氏(イラストレーター)を起用。
また、サウンドコンポーザーに、テレビドラマ「フェイス」(フジテレビ・関西テレビ系列)サウンドトラックや、「beatmania IIDX」シリーズ(コナミ)といったドラマ・ゲームの楽曲提供など幅広く活動している久保田修氏(ピアニスト・作曲家・プロデューサー)、全国各地のクラブイベントや、TVCF、beatmaniaシリーズ(コナミ)などをはじめとするゲーム楽曲制作などをマルチに手がけ、オリジナルレーベル""ongaq""を率いるTaQ氏を起用。
また、キャラクターボイスには、置鮎龍太郎、田中理恵、野川さくら、井ノ上奈々などの豪華声優陣が担当するなど、気鋭の日韓クリエイター・声優によるコラボレーションも、大きな特色となっています。

このゲームのサイトへ

スクリーンショット